メインイメージ画像

賃貸事務所を契約する際は

賃貸事務所を契約する際は、賃料がまずチェックする所ですね。できることなら希望する詳細条件に合ったオフィスが良いけれど、そうすると今度は賃料が高くならないか心配です。ところが、同じランクの賃貸物件でも、場所や経過年数によって大幅に賃料は左右されるものです。ですので、不動産屋や賃貸サイトで希望条件から物件をある程度洗い出してみて、その中から許容範囲の賃料のオフィスを選ぶとスムーズに進むでしょう。希望の物件に賃料がかさむものが多いなら、少しづつ希望を緩くしてもう一度見なおしてみましょう。

事務所の引越をする時の気をつけるべき点をチェックしておくと後が楽になります。事業所の引っ越しで一番最初に行うべきなのはスケジュール調整といえるでしょう。事務所を引っ越すにはやるべきことが山ほどあります。新規事務所探しから始まり、レイアウトの決定、内装の手配、ネット回線の手配、リース用品の手配、顧客への案内、印刷物の差し替え、サイトの住所変更、運送業者とのすり合わせなど、枚挙に暇がありません。そのうち一つでも日程通りに進行しないとその後のアクションに遅延が出ますので、早めの日程で引越を進めるのが賢明です。

イメージ画像

事務所探しをするのに、相場を最寄り駅別、さらに物件のタイプ別に調査することが最も大切ですね。事務所の賃料相場はどのようにリサーチできるでしょう?近頃は賃貸物件サイトでの検索が条件を詳細に設定してできますので、立地ごとの賃借料や坪あたり賃料の平均値が容易に見られるようになりました。その上、こだわりの条件で検索して相場を調査することもスムーズにできます。概算の相場を頭に入れたら、実際の物件を見た時にその賃料が妥当なものか考慮することが出来るでしょう。事務所を探す時に天井の高さについて見落としてしまうものです。

天井高は低いと、思ったよりも威圧感が強く、息苦しさや混雑した感じが強くなってしまいます。一般的に、事務所の天井高は少なくとも2.6メートル位は確保したいところで、2.7mを超えると開放的な空気が得られると言われています。賃貸不動産の検索サイトでは天井の高さをもとにして事務所の検索が可能ですので、参考にしましょう。ここで、築後古い物件には天井が低い事務所が散見されますので、注意しましょう。ある程度は天井の高い所を選び快適な空気のオフィス環境をおすすめします。

更新情報